存続できるアマチュアチームを作るためには

こんにちは、ANG DiabroDeathTouch所属のHAYAMINと申します。最近、アマチュアチームが減りまくっている現状をみなさんはご存知でしょうか?日本のオーバーウォッチを衰退させないために、存続させるチーム運営の仕方を、自身の経験から少しばかり話そうと思います。これから自分でチームを建てようという方、伸び悩んでいるチームの方々の参考になれば幸いです。

メンバーを決める際に重要な4つの事

チームを作る際まず最初にやることはメンバー集めです。メンバーを決める際に重要なことが大きくわけて4つ。

・スキルレート
・オーバーウォッチとチーム活動に対する意識
・SNSやVCでの発言等の性格上の問題
・リアルの都合

です。一つ一つなぜ重要なのか、またその項目がチームと合っていない場合どうなるか解説します。

まずはスキルレートです。
これはわかりやすいですね、実力に差があるとチームもやっている本人もきついです。具体的に言うと、DPSのAのレートが4000、サポートのBのレートが3000だとします。試合をした後DPSのAはおそらくこんな事を口にするでしょう。

「俺が敵のサポート二人倒してるのになんで勝てないの?」

極端ですが、こういうことが起こります。Aからすればハードキャリー。逆にBからすれば実力に見合っていない試合でただきついだけ。これでは日本鯖のライバルプレイと変わりません。
これではDPSのAもサポートのBも、チーム全体としても成長どころではありません。
そしてライバルプレイに一緒にいけないというゲーム的に難しい部分が生じてしまいます。レート=実力とはまた違うと思いますが、募集する目安としては、やはり500区切りが丁度いいです。(3500↑&4000↓など)

次は意識の差に関してです。個人的にこの項目は最も重要だと考えています。
例えば、一人はわいわい楽しくやりたいと思っているけれど、一人はガチで上を目指したいと思っている。これでうまくいくわけがないですよね。目指すところが違えばスタイルもやる気も変わります。そしてその意識に大きくかかわってくるのが次の項目です。

SNSやVCでの発言等の性格上の問題。

具体的には、SNSなどでチームの評価が下がるような発言をする、VCで文句ばかり言うなどです。SNSに限って言えば、スポンサーをつけたいチームはもちろんのこと、そうでないチームにとっても不利益になります。  このチームのなんとかさんがこんな問題発言をしていた  と一言呟かれれば、瞬く間にその情報は拡散され各チームへと渡ります。
そうなった場合問題なのは、スクリムをしてくれるチームが減ることです。
以前少し話題にあがりましたが、即席チームがスクリムでトロールまがいのことをしたということがありました。この件が関係あるかはわかりませんが、即席を釣ってくれるチームは多くはありません。練習にならなければスクリムの意味がないためです。
こういった風に色々な面で他チームよりも不利になります。ネットの付き合いだからといって軽く考えていると、やりたいことができなくなってしまいます。そうはなりたくないですよね。

最後にリアルの都合についてです。
こればかりは仕方ない部分が多いです。多忙で練習や大会に出れないとなればチームの活動に支障をきたします。活動には参加できても、個人練習の時間がなければ上を目指すのは難しいでしょう。そこからチーム内の時間に余裕がある人たちとの間に差が生まれてしまうのも事実です。

もちろんすべての項目を満たす人を見つけるのは難しいので、あくまで理想だと考えていただければOKです。

効率的にチームを強くする

ここからは僕らと同じく勝ちを求めるチームのためにどうすれば強くなれるかを話します。わいわいやりたいという方も、いつかガチでやりたいという時が来たら、参考にしてください。

目標を決めよう!

チーム全体で目指す到達点を決めましょう。できるだけ具体的な方がいいです。
例:JCGmasterのプレイオフに出場する。など。
この目標はあくまでチームとしての目標です。同時に個人目標を決める必要があります。ちなみに僕の個人目標は、日本一のルシオ使いになることです。チーム目標と違って漠然としていますが、ロールによっても違うので、自分のモチベーション維持に繋がれば何でもいいと思います。

個人練習をしよう!

個人練習といっても色々あります。AIM練習、ライバルプレイ、ほかにもロールによって様々な練習方法があります。
個人的にライバルプレイでルシオをしてもあまり練習にならないと思っているので、キャラクターコントロール練習として、カスタムゲームでずっと壁を走ったりしています。
他には、リスポーンから交戦ポイントまで最速で行く最速復帰ルートの研究をしたりしています。自分に合った練習方法を見つけましょう!

メンバーと交流を深めよう!

オーバーウォッチは6人でやるゲームです。大して仲の良くない人とやっても連携なんて取れません。メンバーと一緒にライバルプレイをしたり、別ゲーをするのもいいでしょう。
なんでも言い合えるような仲になれればいいですね!

第3者の存在が大事です!

第3者とは、コーチやマネージャー、アナリストのことです。*アナリストとは、分析をする人のこと。
マネージャー、アナリストの仕事は、スクリムの映像を限定公開でyoutubeにアップしたり、他チームとのスクリムの予約をしたり、選手のメンタルケアをしているところもあったりなかったり。レート関係なくやれる仕事なので、暇そうなフレンドを誘ってみましょう!コーチがいればもっといいです。しかし、アマチュアチームでお金が払えないとなると、コーチを雇うのは難しいですよね。ツイッターやJCG掲示板で募集してみたり、強いチームに仲がいい人がいれば、暇なときに助言をもらう程度でも効果があります。
コーチを探すうえで重要なのは、レートではなくチーム経験だと僕は思います。もちろんレートが高くてチーム経験のある人が最適です!根気よく探してみましょう!

メタを理解しよう!

メタとはその時々のパッチで強いとされる構成のことです。
メタに関して詳しくは書きませんが、オーバーウォッチはヒーローの性能修正によって強いヒーロー、強い構成が変わります。現パッチでどの構成が強いのかを見極めましょう!
具体的には、大会の動画を見て有名チームがやっている構成をまねるのが手っ取り早いですが、チームによって得意なヒーローなどが違うので、自分たちに合った構成を選ぶといいです。

役割を決めよう!

2種類のリーダーを決めます。一人は、チームをまとめる代表。もう一人は、ゲーム内で指示を出す、IGL(IN Game Leader)です。
代表は、創設者か、チーム内で一番常識があり、熱意を持った人がいいと思います。
IGLはチームによって様々ですが、ルシオの人がやることが多いです。なぜかというと、ルシオが一番周りが見えやすいロールで、指示が出しやすいためです。ただ、ルシオの人が指示を出すのが苦手な場合は、ほかのロールの人がやっても問題ありません。ちなみに、自分もチームでIGLを担当しています。
他にも、ウルトチェックやコールなど、チームで必要だと思ったら役割分担をすればいいと思います。

声を出そう!

ただただ大声を出せばいいわけではありませんが、声が出ているかはチーム戦においてとても重要なポイントです。
まずは狙う敵の名前と場所を叫びましょう!所謂フォーカスコールです。他には、敵が誰をフォーカスしているか、味方HPの減り具合、敵がスキルを使ったかなどたくさんあります。
最初はフォーカスコールから。あとは徐々に覚えて出していければOKです!
士気が下がれば、プレイが雑になったり、連携が取れなくなります。ラウンドの最初にファイティン!などのかけ声をしましょう!心で負けていては、試合に勝てるはずもありません。

スクリムをしよう!

スクリムとは、練習試合の様なものです。みずいろ氏がつくったDiscordで釣ることができます。リンク→https://discord.gg/rwCvhHB (Discordの導入が必要です。)
まずは自分たちと同じくらいの実力のチームとスクリムをしましょう。最初のうちは6人で試合をする感覚に慣れることが大事です。
みんながチームに慣れてきたら、徐々に相手のレベルを上げていきましょう!自分たちのレベルを正確に把握することはとても重要です!
たくさんのチームとスクリムをして、戦術を盗みましょう!

反省会をしっかりやろう!

韓国プロは、スクリム→反省会→反省を生かしてスクリム という流れでやるらしいですが、アマチュアチームにそんな時間的余裕はないです。スクリムを2時間ほどしてから、その後反省会などがオーソドックスなやり方だと思います。そして次の日のスクリムで反省を生かす。そのあたりはマネージャーの回線速度と相談してやればいいと思います。
大事になってくるのは反省会の内容です。
ただ動画を見てここはこうすればよかったね、ここはうまくいったね、では意味がありません。動画を見ながら引っかかる部分があれば再生を一度止め、みんなで解決策を模索しましょう。そして反省会の内容をメモしましょう。次の日そのメモを見てからスクリムをするのが効果的です。
コーチがいる場合、まず自分たちで話し合ってから助言をもらうのがベストです。あくまでプレイヤー自信が感じたことが大事なのです。
SyncVideoというサイトを使えば、Youtubeの動画を大人数で同時に見ることができます。

チーム活動は長い目で!

少し練習して結果が出るなんてありえないことです。チームは同じメンバーで長く続けることが大事です。お互いに支えあっていきましょう!

まとめ

プロの代弁とはいきませんが、アマチュア目線で色々語らせていただきました。参考になりましたか?日本の競技シーンが盛り上がることを願って。

The following two tabs change content below.
hayamin

hayamin

Team Encount NG でサポートを担当しています。得意なヒーローはルシオです。嫌いなヒーローはハンゾーです。
hayamin

最新記事 by hayamin (全て見る)