【OW初心者講座】FPSの基本

今回の記事ではOWガチの初心者向け、イメージとしては星1つつくかつかないかくらいの人でなおかつOWが初めてのFPSでランクマをやってみたらレートが1500-2000くらいだったという人向けにどうすればエイムがよくなるのか?キャラを自分の思い通りに操るには?敵の攻撃をどう意識するのか?ということについて書いていこうと思います。

 

エイムを向上させよう

※PCの場合

まずデカイマウスパッドを買いましょう。

おすすめはArtisanの飛燕VEのLサイズ、SteelseriesのQCK+あたりです。

これらのマウスパッドをおすすめする理由は横の長さが40cm以上あり品質がしっかりしているからです。個人的に飛燕VEは品質、値段ともに非常に優れていておすすめのマウスパッドです。

おそらく初心者の方はキャラクターを180度回転させる長さ(振り向き長さ)を3-4cmほどにしていてマウスパッドは小さめのものを使っていると思います。

ですがマウスパッドはイメージとして

マウスに対してこのくらいの大きさがあるのが望ましいです。

そして振り向き長さを少なくとも10cmは取りましょう。

前の記事でも振り向き長さを大きくするメリットについて書きましたが3-4cmから初めるよりも基本は振り向き15cmほどで考えたほうがいいです。

まずは何も考えず振り向き長さを15cmほどにしましょう。

 

Bot打ちをして感覚をつかもう

これはDPSを主に使っている人に限らずサポート、タンクでもBot打ち(カスタムゲームでAIを打って練習すること)して感覚をつかむことは大事です。

Bot打ちのやり方は上の動画のようにゲームブラウザー→作成→自分で細かい設定を決める→AIを追加という流れです。

設定はチーム1(プレイヤー側)を攻撃判定をヘッドショットのみ、体力500%とすればまず死ぬことはないため集中してBot打ちできるでしょう。

Bot打ちすることによってキャラをどう移動させれば思うように動くのか、エイムの感覚をつかむことなどに役に立ちます。

ウィンストンのようなキャラでもシフトのジャンプの細かい感覚をつかむのに練習になるかと思います。

マップを覚えよう

これも上のBot打ちと関連してきますがマップを覚える、ヒールパックの位置を覚える、交戦場所を覚えることは上達への近道です。

交戦場所を覚えれば味方がどこで当たりたいのかがわかるし守り、攻めに有利な場所もわかります。同様にヒールパックの位置を覚えることも基本ですね。

自分は一日15分ほどBot打ちしていますが初心者のうちは毎日Bot打ちするステージを変えてスキルクールタイムを0にしたトレーサーやウィンストンでマップを飛び回ってヒールパックの一やステージの形を覚えれば理解が早まるかと思います。

マップの形、ヒールパックの位置はOverwatch攻略まとめWikiにまとめられています。これを見ながらBot打ちついでにヒールパックの位置などを覚えていければベストです。

ヘッドホンを買おう

これはあればいいという程度ですが音が最低4方向はわかるくらいのゲーミングヘッドホンを買いましょう。

音の方向がわかることで敵の足音によって隠れてる場所がわかったり、相手のウルトの方向に素早く対応できるようになります。

OWは音から得られる情報は非常に多いため早めに購入することをおすすめします。

リロード癖をつける

余裕あるときはRを押してリロードしましょう。

リロードすることを忘れて次の敵に向かっていって弾がないという状況は命取りです。余裕あるときはRを押しましょう。

キルログを見よう

OWは基本設定がキルログを表示しない設定になっていたと思います。(今は違うかも)

もしキルログが右上に表示されていなければオプションで表示するように設定しましょう。

キルログを見ることは非常に重要です。

今味方が何人残っていてどこで戦っているかを把握できるようになることがベストです。常に人数差を見ながら戦う癖をつけましょう。

高所を取ろう

全てのFPSにおいて大事なことは1に高所を取る、2に高所を取ることです。とにかく上を取りましょう。

上を取った側と取られた側の視点の違いは

上の二枚のようになります。上を取った側はいつでも好きなタイミングで打つ、隠れることが出来ますが下は相手が顔を出したタイミングでしか打てません。しかも上を取った側は橋に体が半分隠れているのに対して下側は体が全部空いてに見えていておまけに頭を狙いやすいです。

また例としてマクリーではフラッシュバンを下から上に当てることは出来ませんが上側は好きなタイミングで下に降りてフラッシュバンを当てることができます。

また上を取った側は下の相手だけを見ていればいいですが下は上の相手と下の相手を同時に見なければいけないため見るべき場所が増えます。

上を取るメリットはざっと上げただけでこれだけあります。とにかく上を取りましょう。コントロールでポイントを取った後、ペイロードで集団戦が終わった後は常に上を取る意識を持ちましょう。

障害物に隠れながら戦う

これも上を取ることと同じですね。障害物に隠れることで好きなタイミングで味方からヒールをもらう、打ち負けそうになったら隠れる、チャンスと見たら障害物か飛び出して相手に当たるという選択を取れるようになります。逆に回りに何もないところで戦うのは不利なのでやめましょう。

 

最後に

今回の記事中のことはFPSの本当に基本の基本なのでぜひ1つずつ意識してプレーしてみてください。

MOBA的な記事やキャラごとの簡単な特性はこれからまとめていこうと思います。

また初心者講座の記事はこちらにまとまっているため興味ある方はぜひ読んでみてください。

The following two tabs change content below.
sanma3

sanma3

たまに記事を寄稿させてもらってます。
sanma3

最新記事 by sanma3 (全て見る)