元USG Iridata サポートClaire選手のルシオ解説

USG Iridataのサポート、Claire選手にルシオについてインタビューさせていただいたのでルシオ解説チームプレー解説大会解説の3部に分けてインタビュー内容を紹介したいと思います。 

VC報告

sanma3(以下サ):初めまして、インタビューをさせていただきありがとうございます。早速ですがチームプレーの中でVCは何を報告するかについて教えてください。

Claire選手(以下ク):初めまして、よろしくお願いします。VCで何を報告するのですが僕のチームの場合、後ろの状況について報告しています。基本的に前の状況はルシオで得られる情報は少ないためDva、ウィンストン、トレーサー、もしくはゲンジに任せています。ルシオの場合は報告できる内容はウィンストンが突っ込んで来た、トレーサーが左から来ているなどのダイブしてきた相手の位置を報告することが中心になります。特に今はダイブメタなので後ろに無理やりウィンストンなどが突っ込んできたなど、後ろの情報が非常に重要になって来ます。その内容をわかりやすく伝えることがルシオのVCの役割だと思っています。誰々の体力が減っているなどの報告もしますがダメージを出すのはルシオよりも他のロールの方が向いているためわかればするといった程度です。

またウルト管理もIridataの場合はルシオが担当しています。集団戦が終わった後、始まる前に相手がさっきの集団戦で何を使った、誰々が溜まっていて何を使って来そうと言った報告は必ず行なっています。

 

ブーストについて

ク:ブーストについてもチームによって考え方が変わって来ますが基本的に僕の場合、相手のルシオより試合終了時にヒール量が上回ることが少なくスピード中心で使っています。大体割合で行ったらスピード7ヒール3くらいの感覚でやっていますね。

使うタイミングですが敵のウィンストンが飛んで来た時にメインヒーラーであるゼニヤッタやアナを守るためにブーストで下げさせる、敵を狙う際フォーカスをしやすいように使う、味方のウィンストンやゲンジが竜撃剣を使うタイミングで速度を上げながら一緒についていくなどの使い方があります。

また他には集団戦に勝った後の残党狩りや味方のウィンストンやDvaのスキルがなく下がりたそうな場合も自分が前に出て無理やりスピードで味方を返しますね。集団戦に間に合わずリスポーン近くにいるメインヒーラーなどを迎えにいく時もブーストを使って戻します。

サ:味方を戻すためだけにブーストを使って大丈夫なのですか?

ク:大丈夫です。ブーストのスキルよりも味方を数秒でも早く集団戦に間に合わせてヒールと火力を出してもらう方が重要だと思っています。もちろん集団戦に間に合う場合はブーストは使いません。

サ:相手がなんのウルトを持っているかによってブーストを使う、使わないの判断が変わりますか?

ク:相手が竜撃剣を持っているかなどによって残したいですが残せればいいと行った程度です。場合によってはヒールブーストに回す場合もありますし、ヒーラーを逃がすためにスピードブーストを使う場合もあります。残せればベストですが味方が死んでしまっては元も子もありません。

しかしブーストがあれば相手のウルトから逃げれる可能性が大きくなります。現在のメタだと主に龍撃剣、Dvaの自爆、タクティカルバイザーから逃げやすくなるためできればブーストを残しておきたいですね。

 

サウンドバリア

サ:サウンドバリアを使うタイミング、光彩との使い分けについて教えてください。

ク:現在のダイブメタだと基本的にサウンドバリアは相手のウルトのカウンターに使います。カウンターのウルトにはゼニヤッタの光彩とサウンドバリアがありますがその使い分けは

  • 龍撃剣→光彩
  • ナノ龍撃剣→サウンドバリア(光彩の場合は1回切る→即座に風切りで一瞬で255ダメージを出せるため200族を守りきれない)
  • タクティカルバイザー→サウンドバリア(光彩の場合漏れていた味方を防ぎきれない)

と使い分けています。

相手のウルトの兼ね合いにもよるけどサウンドバリアは超強力なウルトだと思っています。絶対に無駄吐きはしたくないし使うからにはその集団戦に必ず勝つ、もしくは味方を有利に持っていきたいです。有利に持っていくというのはサウンドバリアの体力上昇で優位に当たれることによりウルトを稼ぎやすくできる状況を作り出したいです。

カウンター以外で使うタイミングはかなりシビアですが相手の2サポにウルトがない、かつ相手に竜撃剣などのDPSのウルトがない時に優位に当たれる状況を作り出すためにサウンドバリアを先打ちすることもあります。

サウンドバリアを無駄吐きすると相手には「使った!」と喜ばれるし自分でもめちゃくちゃ落ち込みます。サウンドバリアを使うタイミングは本当に意識しています。ルシオの存在価値はスピードとサウンドバリアだと思っているためサウンドバリアのタイミングは本当に重要です。

 

バニホについて

(バニホとは上の動画のようなヒールブーストに切り替えてもルシオのスピードを維持し続けられるテクニックのことを言います)

ク:バニホについては特に意識していません。これは僕のルシオが浅いだけかもしれませんが笑

意識してできるならやってみたいですが特に意識してませんし、それを意識するくらいならどうやって集団戦に勝つかについて考える方が重要だと思っています。めちゃくちゃ余裕があるならやってみたいなと思う程度ですね。

 

ランクマについて

サ:ランクマで勝つ方法を教えてください

ク:自分は実はほとんどランクマでルシオ使ってないんですよね笑。なぜかというとVCがつながった状態で押し引きとかウルト管理ができて味方が何をしたいかがわからないとルシオってやっててもあまり練習にならないんですよね。特にルシオのヒール範囲が狭くなったせいでコミュニケーションを取りながらじゃないとルシオを使うのが難しいです。

そのため普段ランクまではゲンジとハルト以外のいろんなヒーローを使っています。ルシオ以外を練習することによって他のヒーローがサウンドバリア欲しいなあっていうタイミングとか、ここにルシオいてくれたらありがたいなあとか考えながらプレーすると結果的にそれがルシオのスキル向上につながると思いランクマを回しています。

そもそもチームに入ったのがサポート枠で元はルシオメインではありませんでした。そのため他のチームのルシオ専の方みたいにルシオ愛があるわけではないんですよね笑

また単純にヒーロープールを広げることはメリットが大きいです。トールビョーンやソルジャー、マーシなどを使えるようになればメタが変わった時、違う構成でやることになった時にも対応できるため他のヒーローはできた方がいいです。

第2部 チームプレー解説へ続く 
The following two tabs change content below.
sanma3

sanma3

たまに記事を寄稿させてもらってます。
sanma3

最新記事 by sanma3 (全て見る)