長所と短所を理解したゲンジの使い方

今回の記事はクランviolet所属のDPS:Kirihitoさん(Twitter:@Kirihito_ow)から寄稿いただきました。ありがとうございます。

こんにちは。Kirihitoです。
今回の記事では「初心者がよくやってしまうゲンジがやってはいけないこと」をピックアップし、その解決策を説明していこうと思います。

ゲンジについて

オフェンスヒーロー「ゲンジ」はOW屈指の高難易度ヒーローと言われており、見た目のスタイリッシュさに惹かれただけで特徴をよく理解せずpickすると痛い目にあいます。
まずはゲンジの長所と短所を確認していきましょう。

長所

・パッシブと風切りによる高い起動力
・攻撃/自衛に優れた2つのアビリティ
・精度が高く、威力の距離減衰無しの手裏剣
・高い瞬間火力

 

短所

・アビリティクールダウン中の打たれ弱さ
・ULT中1発の火力が低い
・手裏剣の着弾速度が遅い
・継続火力が低い

 

上記の事を踏まえ失敗パターンごとに解決策を説明していきます

 

Case1.タンクを殴り続ける

ゲンジの狙うべき敵は「200族(HPが200のヒーロー)」です。200族の中でもヒーラーが主なフォーカス相手になります。なぜゲンジは体力の低いヒーローを狙うべきかというと、長所の「高い瞬間火力」によって奇襲により一気に敵のHPを削りとってキルするのに向いているためです。
例えばゲンジの基本のコンボ左クリック→風斬り→近接をすべてヒットさせれば164ダメージが入ります。

上のクリップはレート4500+の日本最強ゲンジと名高いUSG Iridataのaktm選手がファラマーシーを単独で落とすシーンです。風斬り→近接や左クリック→風斬り→近接→右クリックなど組み合わせて高い瞬間火力で連続で敵を落としています。ゲンジは相手をキルするごとに風斬りのクールタイムがリセットされもう一度使えるようになるため高い瞬間火力とクールダウンリセットを組み合わせてマルチキルを狙っていきましょう。
逆にHPの高いタンクを狙うと、継続火力が出せずに狩りきれない、もしくは返り討ちにされてしまうことが多いので複数の味方とフォーカスを合わせて攻撃するか、人数有利の状況でない限り効率よく狩れる200族を狙っていきましょう。

Case2.敵ハルトの盾割りをし続ける

Case1でも解説した通り継続火力に欠けるゲンジで盾割りをするのは効率的ではありません。それをするならば継続火力の高いソルジャー等をpickした方が断然いいです。味方が正面で盾割りをしている中で自分は敵チームの横、又は後ろから圧をかけましょう。ゲンジの不規則な2段ジャンプとパッシブの壁昇りを駆使していけば多少狙われても次に紹介する「アビリティの無駄遣い」をしなければ高い生存能力を得られることでしょう。

Case3.アビリティの無駄遣い

ゲンジを使うことに慣れてない人に見られる光景が「前に出過ぎて逃げ切れず死ぬ」ことです。アビリティ「風切り」はライフ50以下の敵を即座にキルでき、前のクリップで説明したように距離を調整できれば近接と組み合わせてライフ80以下の敵まで狩ってかつ、風斬りのクールダウンが上がり安全に変えることができます。また「木の葉返し」は実弾系の攻撃をダメージそのままで跳ね返すことができ攻めにも守りにも非常に強力ですが、自陣へ帰るためのアビリティをどちらか片方残しておくようにすることを心掛けましょう。「風切り」使用直後に自分のキルが発生するとクールダウンが解消しますが、次の敵が倒せそうな体力圏内にないと判断したら即座に自陣に帰って立て直すことも時には選択しなければなりません。一番大事なのはキルをすることよりも死なないことです。特に上手いゲンジ(上忍・火影と呼ばれたりもします)は中々死にません。常に人数差を作り続け試合を有利に運びましょう。

Case4.ULT使用直後に死亡

いわゆる「龍神の剣をグワァァー…」ってやつです。つまり「ULTを吐いたが剣を一振りもすることなく即死する行為」です。自分のULTゲージを0%にした挙句、敵との人数差を作ってしまうので絶対にやってはいけません。起こるパターンとしては

・HPが少ない状態
・敵チームと自チームの交戦地点のど真ん中(火力が集中している地点)
・なんの考えも無しにとりあえずULTをかましてみる

などです。以上の状態を避けてULTを使うようにしましょう。

Case5.ULTで真っ先にタンクを斬りに行く

ゲンジのULTは発動時間6秒の1振り120ダメージ広範囲斬撃ですがこの1撃はタンクに対して微々たる脅威にしかなりえません。
むしろラインハルト、ウィンストンに対しては通常攻撃を食らうだけで返り討ちで倒される可能性が高く他のタンクもウルトを使ってやっと倒せるかどうかトントンといった程度でしょう。タンクを狙うのは全く効率的ではありません!
なので真っ先に狙うべきは敵の200族です。200のHPならば風切りで接近→ULT発動(ULTを発動すると風切りのクールダウンが解消)1発→風切りのコンボで即座にキルをすることができます。HPの少ない敵から斬っていき2,3キルできれば成果は上々です。ULT中もゲンジの耐久度は変わらないので深追いのしすぎで死なないようにしましょう。

ナノブーストをつけられた龍神剣(ナノゲンジ)の場合は話が変わってきます。実質的な体力は400まで上がり風斬り→一振りで255ダメージを与えることが可能になりタンク、バスティオン以外の相手は一瞬で倒せるようになります。ナノブーストをつけられた場合は積極的にリスクを取って敵を倒しに行きましょう!

 

いかがでしょうか。これらのことを意識するだけでも立ち回りと意識が大きく変わるかと思います。ケアレスミスを少なくすることが下忍から中忍への第一歩になると思います。機会がありましたらまた次の記事でお会いしましょう。

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

このサイトの管理人。 寄稿記事などを管理人名義で投稿しています