データから見る強いヒーローとは

今回の記事ではTierごとのヒーローのピックレート、そしてその勝率をOverbuffのデータを見ながら今どのヒーローが強いのか?についてデータから考察できることをランクマッチにおいて書いていこうと思います。(データは12/19 15:00時点でPC、ランクマッチという条件です)

Overbuffとは各ヒーローごとの勝率やダメージなどが詳細に載っており自分の戦績も確認できる便利なOverwatchのデータサイトです。

最強ヒーローマーシー

マーシーはピックレート、勝率ともに全てのTierにおいてトップクラスです。勝率においてはダイヤモンド~グランドマスターにかけて55%以上をキープしています。また全てのTierにおいてピックレートはナンバーワンです。全体のピックレートでみても12.47%となっています。これはOWはヒーローが6人いるため最高でも16.67%までにしかピックレートは上がらないため、4試合やると3試合は味方にマーシーがいる計算になります。全体でのピックレートが2番目のD’vaはピックレートが7.6%のため5%という大差をつけてのぶっちぎり人気ヒーローです。

このピックレートにも関わらず勝率が高いのはマーシーが強力なヒーローかつ連携がとりにくい野良ランクマッチにおいてVCでお互いの状況を伝えずとも力が発揮できるヒーローだということを示していると思います。またスクリムにおいては敵を倒した際マーシーの蘇生を警戒しますが野良ランクマの場合そこまで蘇生は難しくありません。

勝ちたければヒーラーはマーシーをピックしましょう!

ちなみにマーシーはスキルキャップが低く初心者にも扱いやすいヒーローとの認識が強いですがブロンズ、シルバーでは勝率は50%を切っていてゴールドで初めて50%を超え、グランドマスターで勝率が最も高く56%となっています。この理由は味方の位置を把握してガーディアンエンジェル(GA)で飛んでいき自分を生き残らせるために空間把握能力が必要、またアルティメットを打つタイミングに実力が反映されやすいという面があるからではないでしょうか。マーシーは想像以上に実力差が反映されやすいヒーローだといえます。

 

 

最弱ヒーローアナ

アナはデータを見ると全体での勝率は下から2番目の45%ですがピックレートは全体で5番目と人気のヒーローです。つまりアナは人気があるのに弱いヒーローと言えます。

いやいや、アナは上手い人が使えば勝てるはずだからグラマスなら勝率が高いのではないか?という声が聞こえてきそうです。

ゴールド以下では勝率は常に45%を切っています。プラチナから勝率が45%を超えTierが上がるごとに勝率は上がっていきますがグランドマスターでも勝率が49%(ちなみにグランドマスターは勝率が50%を切っているヒーローがハンゾーとアナしかいない)でプラチナ~グランドマスターにおいて勝率は全ヒーロー中常に最下位です。現在の野良ランクマッチにおいてアナを出すことはハンゾーを出すこと以上に味方に負担を強いていると言えます。

この理由は連携が取れない状況で相手に回復阻害を入れてもそのヒーローにとどめを刺しきれない、スコープを除いている間視界が狭くなるため味方にヒールを回しにくい、ヒールがエイム依存のため不安定などが理由に挙げられます。

では一人目のヒーラーがマーシーを選ぶべきと分かったけど二人目のヒーラーについて考えるとゼニヤッタ、ルシオの選択肢が残ります。

勝率、ピックレート共にすべてのTierにおいてゼニヤッタのほうが勝っていますがそこまで大きな差ではないため得意な方をピックしても問題ないと思われます。

図を見てわかる通りアナのみ勝率が大きく離れていてルシオ、ゼニヤッタと続いています。

 

タンク最強のヒーローはオリーサ

オリーサは全体でのピックレートは一番人気のD’vaに三倍以上の差を離されて2.28%(8試合に1回味方に来る)ですが勝率はどのTierでも4番以上をキープしておりダイヤモンド~グランドマスター帯では常に55%以上です。現在のメタではラインハルトを出すよりもオリーサを出したほうが強いということが言えます。

また1番人気のD’vaはどのTierにおいてもタンクの中での勝率は2番目、またピックレートも全ヒーロー中全Tierで2,3番目をキープしており特にグランドマスター帯での勝率が高く57%となっています。

 

ウィンストン、ラインハルトはマストピックではない

タンクのピックレートの人気順はD’va>ラインハルト>>>ロードホッグ>ザリア>ウィンストン>>オリーサです。

勝率はオリーサ>D’va>ラインハルト>ロードホッグ>ウィンストン>ザリアとなっています。ウィンストンとザリアは勝率50%を切っていてオリーサは53.17%です。

また勝率はウィンストンとラインハルトを比較するとどのTierでもラインハルトのほうが高いですが常に10番目前後です。ハンゾーやソンブラなどのいわゆるトロールするときに使われるヒーローのことを考えるとその順位は決して高いものとはいえません。これらを考えると現行のメタでオリーサを練習することは非常に価値がありそうです。

 

最強DPSはジャンクラット、トールビョーン

トールビョーンのピックレートは下から数えたほうが早いですが勝率はどのTierにおいても5番目以内に入っています。

トールビョーンのピックレートが低いのは限定的な場面でしか活躍できないためですが限定的な場面においては強力なキャリー力を発揮するヒーローといえます。ちなみにジャンクラットはブロンズ帯では3番人気ですがTierが上がるごとに人気が落ちていきグランドマスター帯では15番目です。

ジャンクラットは全体でのピックレートが6番目、勝率も6番目のため多くの場面でピックされる最強のDPSは現在のメタではジャンクラットといえます。

またジャンクラットを出すと大体ファラでメタられることが多いですが相手がそもそもファラが苦手だったりファラを出すというピックチェンジを相手に強いること自体が相手の勝率を下げさせる一因になっているのかもしれません。

 

まとめ

恐らくアナの勝率が主観的な感覚から離れた数値だと思われます。Overbuffなどのデータサイトをみて勝率からメタを考え、今どのヒーローが強いのかという考えの参考にこの記事がお役に立てればと思います!

 

The following two tabs change content below.
sanma3

sanma3

たまに記事を寄稿させてもらってます。